トップページ

TEL 028-908-5720

www.jj-center.com

ジェイ・クリエイト株式会社


タイトルイメージ
大谷石とは

Copyright(C) 2006 ジェイ・クリエイト株式会社 All rights Reserved 


 売買 [宇都宮分譲マンション][宇都宮中古マンション][売買戸建・土地][売買したい方] [宇都宮のまちづくり][プロジェクト008]
 賃貸 
[宇都宮賃貸マンション][宇都宮賃貸アパート][宇都宮賃貸戸建][借りたい方]   [よくある質問] [リンク][サイトマップ

 大谷石とは栃木県宇都宮市大谷地区で生産される緑色擬灰岩で、古くから日常生活に用いられ、火に強いことから煮炊きをするかまどをはじめ、建物の土台石、敷石、土留め、蔵、倉庫などの積み石に使用される一方、火災から守るため、屋根石(石瓦)や、板蔵の貼り石として、外装、内装の建築用材ほか、様々な形で使用されてきました。
 一躍大谷石を全国に広める大きな役割を果たしたのは、なんといっても大正時代に建造された、旧帝国ホテルです。このホテルは後の関東大震災にも焼け残り、その優美さは設計者 フランク・ロイド・ライト氏の傑作と言われました。使用された大谷石とスクラッチ練瓦とテラコッタと大谷石の彫刻の微妙な組み合わせは、大谷石の特徴である素朴で柔らかく温かみのある質感が遺憾なく発揮され、ブームとなりました。
 特に昭和初期 教会堂建築などに数多く用いられ、宇都宮市内にある国登録有形文化財、設計者 マックス・ヒンデル氏のカトリック松が峰教会や、設計者 上林敬吉氏の日本聖公会宇都宮聖ヨハネ教会等は大谷石建造物の代表作となっています。自然石としての大谷石の魅力は柔らかくて加工しやすく、熱を通しにくく耐久性に優れ、控えめな地色は素朴で温かみさえ感じさせる、独特の風合いを持った石です。
 大谷石の  優れた効果
 大谷石の    目と加工
 大谷石の     物性
 大谷石の
 施工(1)
 大谷石の
 施工(2)